ベネッセ、小中学生向けの電子書籍ストア「ブクフレ本」と読書SNS「ブクフレWeb」をリリース!

株式会社ベネッセコーポレーションが、小学校高学年から中学生向けを対象とした、電子書籍ストア「ブクフレ本」を 12月 16日(月)より開始しました。同時に、読書に関する SNS サービス「ブクフレ Web」も提供を開始しています。

小中学生向け電子書籍ストア『ブクフレ本』とは!?
screen480x480

「ブクフレ本」は、小中学生向け書籍専門の電子書籍ストアで、iPad 用アプリ(無料)で利用可能です。

この電子書籍ストアには「親子モード」の仕組みがあり、保護者が子どもに表示する本をあらかじめ選ぶことができます。また子どもの購入リクエストを保護者が確認・承認した上で書籍を購入する仕組みになっています。

screen480x480-2

さらに「ブクフレ本」で購入した電子書籍を読むための「専用ビューワー」には、本を読みながら、ページ毎に自分の気持ちをマークで登録する機能があり、より深い読書体験を提供しようとしています。※記事下にイメージ動画有り

「ブクフレ本」は出版社4社(あすなろ書房 、岩崎書店 、光文社 、読売新聞東京本社)が提供する250タイトルでスタートし、2014 年度内には、出版社 10 社の参加と約 2000 タイトルの提供を目指しているようです。

※アプリは無料ですが、ストア内での本の購入は有料

 

 読書SNS「ブクフレWeb」とは!?
ブクフレWeb

「ブクフレ Web」は、読書の体験についてコミュニケーションができる SNS。ユーザーは自身の読んだ本やその感想をサイト上に記載します。

benesse

そして読書の好みが近い友達を見つけてフォローすることで「読みトモネットワーク」を作ったり、タイムラインで友達の今読んでいる本を把握したりすることができるようになっています。

ベネッセは、ブクフレで実現したい世界観を表した動画を公開しています。

what is ブクフレ

 

 新しい読書体験を車輪の下で 編

 

 新しい読書体験を気持ちボタン 編

 

新しい読書体験をタイムライン 編

大きく広がりつつある大人の電子書籍市場に比べ、児童書の電子書籍や小中学生を対象にした電子書籍ストアはまだ少なく、これから拡大すると考えられる領域とベネッセは捉えているようです。今後も子どもの読書体験をより楽しく豊かなものにすることができるようなサービスを開発していく予定。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。