DELL(デル)もChromebookに参入、狙いは教育市場

Dellは12月11日、GoogleのChrome OS搭載ノートPC「Chromebook 11」を発表しました。来年1月にアメリカとイギリスの教育機関向けに300ドル以下の価格で発売するようです。

chromebook

ディスプレイは11.6インチ、プロセッサはIntel Celeron 2955U、ストレージは16Gバイトあるいは32GバイトのSSD、メモリは2GバイトのRAMあるいは4GバイトのDDR3 RAM。重さは約1.3キロで、バッテリー持続時間は約10時間ということです。

Chromebook Chromebook 11

このモデルで教育市場を狙って、そのあとは中小企業や一般消費者向けの低価格機としてのChromebookシリーズを出していく予定とのこと。日本ではどのタブレットが学校に導入されていくのかが注目されることが多いですが、教育現場を狙う端末の競争も更に激しくなっていきそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。