enish(エニッシュ)、知育アプリ第1弾『たんたんリズム』をGoogle Playにて配信開始!

株式会社enishは、知育アプリ「たんたんリズム」の配信を2013年12月6日(金)より開始しました。enish(エニッシュ)は、今年度「知育アプリシリーズ」のリリースを決定し、本アプリはその第1弾となっています。 ソーシャルゲームで複数の女性向けヒット作品を提供してきたノウハウを活用して、「お子様の成長を実感するアプリ」をコンセプトに配信を開始しています。

 

株式会社enish(エニッシュ)とは!?
株式会社enish__エニッシュ

エニッシュは2009年2月に創業し、ソーシャルゲーム・ネイティブアプリゲームを提供している会社です。中でも主力タイトルの「ぼくのレストランⅡ」「ガルショ☆」はユーザーの多くが女性であり、いずれも3年以上にも渡りヒットを継続するロングラン作品なっています。「女性向けのロングラン作品を開発・運用できる」ゲーム開発会社としての評価されています。

 

知育アプリ第1弾「たんたんリズム」とは
enish

エニッシュの知育アプリは、「お子様の成長を実感するアプリ」をコンセプトとして開発した教育用アプリです。

高い操作性、高いデザイン性ながら紙や布のような素材の温かみのあるグラフィック、ユーザーの行動分析のノウハウを活用したお子様の成長度合いを計測するアプリシステムなど、ゲーム開発会社ならではの高品質・高機能かつユーザーにやさしい教育用アプリを提供していく予定です。

たんたんリズム」はそのエニッシュが提供する第1弾の知育アプリです。多彩な楽曲と楽器でこどものリズムあそびに役立つ知育アプリです。大好きな童謡や楽曲にあわせて楽器を演奏出来たり、好きな音やことばを録音して楽器音に出来る機能があります。また、お子様が演奏したままに再生できるリプレイ機能もあります。対象は1−5歳とのこと。

知育アプリの領域ではスマートエデュケーションが有名ですが、こういったゲーム会社が参入してくることで、どう市場が変化していくのか要注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。