世界にトモダチをつくる準備をしよう!子ども向けの英語グローバルコミュニケーション学習サービス「DreamPIE」をスタート

英語を学ぶのではなく、英語でできることを増やす…年間300 万人が訪れる育児コミュニティ「ベビカム」を15 年運営する株式会社デジタルブティックが、グローバルコミュニケーション学習サービス「DreamPIE」をスタートしました。

ドリームパイ

 

「世界にトモダチをつくる準備をしよう」グローバルコミュニケーション学習サービス「DreamPIE」とは


【DreamPIEの特徴】

・オンラインレッスンをはじめ、ワークショップ、イベントなど英語で楽しむ様々な機会を提供

・オンラインレッスンでは、レゴ社のブロック教材を利用した世界初のサービス(LEGO education 社との契約締結)

・子どもが体験した内容に応じてPowerが獲得でき、体験したイベントの写真もマイページに蓄積されて記録に残る

・国際基準カリキュラムをベースとしたグローバルコミュニケーションを目指すレッスン

・世界30カ国以上で高く評価されている親子音楽プログラム 「Music Together」の日本での本格展開

・クルマの中で英語で楽しむ、新しいコンセプトCDの制作発売(Eric Jacobsen)

DreamPIEでは、これからの子ども向けの学習環境に対する親の意識の高まりを受け、上記のようなサービスをはじめ、今後新しいサービスも加えながら、初年度2万人、3年間で10万人の利用者を想定しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。