設立2年でユーザー数526万人!『Coursera(コーセラ)』の驚異的成長が分かるインフォグラフィック

 

2011年の10月に公開され、一気に世界中にユーザーを増やしているCoursera(コーセラ)の成長を示した、インフォグラフィックが面白かったのでご紹介します。

Coursera(コーセラ)とは

インフォグラフィックの前に、簡単にコーセラの紹介をします。Coursera(コーセラ)とは、ウェブ上で無料で閲覧できる大規模講義(いわゆるMOOC)のサービスです。スタンフォード大学でコンピュータ・サイエンスの教鞭をとる二人(Daphne Kollerがその一人)の教授により設立されました。スタンフォード大学やプリンストン大学など、一流大学の授業がオンライン動画を通じて無料で受講できるというのが最大の特徴です。

※「コーセラ」創業者ダフニーコラーがTEDで語ったこと

 

Coursera(コーセラ)の驚異的成長が分かるインフォグラフィック
students_Coursera_Infographic

コーセラのブログの中で、サービス開始2年での成長を表したインフォグラフィックが公開されていました。

 

students_Coursera_

生徒の数は、2011年の約11万人から、約526万人に増加しています。

students_Coursera_Infographic__2_.jpg__1000×1390_ 7

提携している大学は1校から107に拡大しています。この中には日本の東京大学も含まれています。

東大、9月公開の無料ネット講座を収録開始

students_Coursera_

講義のコースも2コースから、532コースへと拡大しています。

students

また、受講者は73%がフルタイムのEmployedで仕事をしている人です。これは面白いですね。学び続けることへのニーズが高いことを感じます。

students_Coursera

ユーザーの最も多いのは、アメリカの31.7%、次いでインドの8.4%となっています。ブラジルや中国もランクインしていることに学びのグローバル化が象徴されています。単純計算ではないかもしれませんが、ユーザー数が約532万人だとすると、約44万人のインド人や、約20万人のブラジル人、約15万人の中国人がCoursera(コーセラ)でコースを受けている計算になります。高等教育のグローバルでの競争はさけられないものになっているのを感じます。

他にも人気の授業や、ビデオの再生回数などが分かるインフォグラフィックになっているので、興味の有る方は是非ご覧になってみてください。

※A Triple Milestone: 107 Partners, 532 Courses, 5.2 Million Students and Counting!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。