生徒のデータを記載できる座席表を作れるサービス「Class Charts」とは!?

 

Class Chartsは、イギリスのedukey により開発されました。edukey はDuncan Wilsonにより、2010年に設立されています。

product-classcharts

設立者のDuncan Wilsonは、edukey 設立前には小学校での15年の教員歴があり、オンライン教育にも携わっていました。ただ単に教育を行うだけでなく、効率よく、そして生徒1人1人に様々な特徴やデータがあるのでそれをうまく利用して教室運営を行えないかと考え、Class Chartsをチームと共に開発したようです。

名称未設定1

Class Chartsは、基本的にはClass Charts上で座席表を作成し、生徒を適正なグループに分けることができます。

ログインすると、様々なクラスごとに分かれており、

名称未設定2

 

各クラスをクリックし、中に入るとそのクラスに属する生徒が顔写真とともに表示されています(アイコンにするか顔写真にするか等、個人で設定できます)。

それぞれの生徒がどんな特徴があるのか等データとして保存することができます。

たとえば、1番左の生徒をクリックすると性格面、態度等でどんなよい部分があるのか、またマイナス面は何か?等を記載でき、同僚等とこのデータを共有することができます。

名称未設定3

また、上のタブにある教室というタブをクリックすると、 実際の教室の座席表のシュミレーションができ、さきほどの生徒の顔写真やアイコンをこの上に配置し座席を決定することができます。

名称未設定4

識字年齢等の生徒に関するデータを事前に入れておけば、自動的にシャッフルし、Class Chartsが自動で最適な座席表を決定することも可能です。 また、一定期間生徒の行動等を記録することで、その生徒の行動内訳や、週間行動の分析等もClass Charts内で行うことができます。

<行動の内訳>

名称未設定6

<週間行動>

名称未設定7

生徒の行動を効率よく管理したり、データつきの座席表を他の教員等と共有できたりと、さまざまなことをClass Charts上でデジタルに管理することが可能です。

その他、Class Chartsの最初のページに記載されているとおり、主要な特徴としては、

1.インターネット対応デバイスすべてで利用可能

2.生徒の情報を含む座席表を作成

3.多数の生徒をすばやくインポート

4.教室のレイアウトを作成、編集

5.既存のアイコンや生徒の顔写真を使用可能

6.行動ポイントが分かる

7.行動の問題をカスタマイズ

8.学校内、同僚とデータを共有可能

9.クラスや生徒の行動の詳細なデータを作成可能

といったものがあげられます。

どちらかというと小学校や中学校前半向けのソフトウェアで、使用対象は主に先生です。生徒や生徒の保護者等も登録しログインすると閲覧が可能になるサービスです。このClassChartsのように学校内で使われるソフトウェアもどんどん増えていますね。

product-classcharts

1 個のコメント

  • 早速ありがとうございます!
    このようなクラスを管理できるソフトウェアがどんどん日本で普及すると良いですよね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。