すららネットが旺文社とタイアップ!人気参考書「英単語・熟語マスターへの道」をオンラインで提供開始

株式会社すららネットは、自社のオンライン学習教材「すらら」に加え、株式会社旺文社の書籍「高校入試でる順中学英単語ターゲット1800 改訂版」、「高校入試でる順中学英熟語ターゲット380 改訂版」をPC上で学習できるようにした「英単語・熟語マスターへの道」を12月1日より提供開始すると発表しました。

今までの「すらら」は英文法の根本理解や体系的な学習を重視してきましたが、「英単語・熟語マスターへの道」の提供開始によって、、高校受験に必要な英単語・熟語を身につけることに特化した学習が可能となるため、今後は英単語・熟語の暗記に特化した学習においても活用できるようになります。

すららネット

 

教育のゲーミフィケーション機能が追加されたコンテンツ
srala

「英単語・熟語マスターへの道」は、これまで書籍で展開されていたコンテンツをオンライン化しただけでなく、正答率・解答時間によるランキングでメダルを表示させるゲーミフィケーションの要素を加えています。これによってユーザーの収集欲を喚起させ、モチベーションを向上させるという独自の付加価値をコンテンツに付け加えています。また、本コンテンツの利用料は、月額315円となっています。

 

プラットフォーム戦略の第5弾、今後も他社とのコラボレーションにより品揃えを拡大!?

今回の「英単語・熟語マスターへの道」の提供開始は、すららネットの「プラットフォーム戦略」の第5弾。この戦略によって、優良コンテンツを保有する他社とのコラボレーションにより、すららネットのLMS(Learning Management System)をプラットフォームとし、他社コンテンツの申し込み・受講も可能とすることで、サービスの品揃えを拡大し、さらなる顧客満足とユーザーの拡大を目指すようです。コンテンツを保有する企業としては、ユーザーの利用料がすららネットとレバニューシェアでの分割されるため、販売チャネルの増加・拡大につながるため双方にメリットがあります。今後はどのようなコンテンツを拡充していくのか、その動向に注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。