日本のママが世界の子供たちのためにつくったアプリ「Touch’n Sing」が2013-Best App for Children and Kidsにて金賞受賞


 

株式会社エクシングは11月27日に、同社が世界のこどものためのスマートフォン・タブレット向けアプリ「Touch’n Sing」が、アメリカのBest mobile app awardsが主催する2013-Best App for Children and Kids において金賞を受賞したと発表しました。

Touch’n Sing

審査ではアプリの操作性、創造性、プロダクト力、革新性、デザイン、オリジナリティ、ユーザビリティの面が高く評価されたようです。

Touch’n Singは小さな子供にも簡単なタッチ操作でプリインストールされた人気の童謡3曲(Alphabet Song、Twinkle Twinkle Little Star、The Hokey Pokey)に合わせて、文字やかたち、色や数などを英語で楽しく学ぶことができるアプリです

 

子育て経験豊富なママ達がつくる子供心をついたサービスで、世界中に発信
Touch_n_Sing

エクシングは、カラオケ「JOYSOUND」の企画開発を事業ドメインとする会社です。同アプリは、育児休暇から復帰したママたちが中心となった社内プロジェクトチーム「SumahoMAMA(スマホママ部)」が開発した子どものためのアプリとのことです。子供の興味を知り尽くした現役ママ達が子どものために企画したアプリとのことで、子供心をくすぐる仕組みが満載です。

またTouch’n Singは今まで累計130万ダウンロードを達成した「タッチ!うごく うたえほん」の英語版として、2013年7月に米国、中国など世界約144か国に向けて無料配信をスタートしていました。ローンチ以来iPad無料ランキングで13位、教育カテゴリ、キッズカテゴリともに1位を獲得するなど、こども向けアプリの定番として支持を獲得していき、そして今回の金賞受賞につながったようです。

小さな子供から文字を読み書きできるようになった子供でもアプリを楽しめるように、幅広いターゲット層に応じてコンテンツの特徴を変えています。英語を通して、子供が遊んでいる間にいつの間にか知識を得ることができるサービスで、アプリの配信を通じて、今後も世界中に子供が幼少期から英語に親しめるきっかけを提供していくようです。

follow us in feedly
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。