Intel(インテル)、電子教科書のスタートアップKnoの買収を発表!


米Intelは11月8日、タブレットでインタラクティブに使える教育コンテンツを手掛けるアメリカのスタートアップKnoを買収したと発表しました。買収額などの詳細は公表されていません。

アメリカの電子教科書スタートアップKnoとは!?
Kno

Knoは2009年創業のカリフォルニア州サンタクララに拠点を置く企業です。「学生の学び方を変革する」ことをミッションとして、80社以上の教育関連出版社との協力で20万冊以上のインタラクティブな電子教科書を出版しています。また、教育者向けに、電子教科書の管理ツールも提供しています。

元々は2010年に創業した学校向け電子教科書端末製造ベンチャーだったが、すぐにハードウェア事業から撤退し、インタラクティブ電子書籍配信プラットフォームに注力。現在の状態に至っていました。

※Knoのサービスイメージムービー

買収したKnoを新興国向け教育プログラムを担当するIntel Educationに統合、電子教科書コンテンツを加え更なる顧客開拓へ
Intel_Education

Intelは、買収したKnoを同社の新興国向け教育プログラムを担当するIntel Educationに統合します。Intel Educationは、約10年前からハードウェアとソフトウェアの両面から教育支援を行っており、Intel Atomを搭載したAndroid7インチタブレット「studybook」などを手掛けています。今回の買収によって、提供出来るコンテンツを強化、さらなる顧客開拓を行っていくようです。

 

follow us in feedly


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。