株式会社ヒトメディア、社会人に「習慣的な学びの場」を提供する映像学習サービス「sopra(ソプラ)」をオープン!


株式会社ヒトメディアは2013 年 11 月 1 日、いつでもどこでも習慣的に学べる社会人向けの映像学習サービス「sopra(ソプラ)」を正式に開始しました。

映像学習サービス「sopra(ソプラ)」株式会社ヒトメディアがこれまで数々の教育サービスをプロデュースしてきたノウハウを集結して開発されました。日本の“学ぶ”をもっと身近にすることを目指し、当初は社会人にフォーカス、いつでもどこでも映像で習慣的に学べる場を提供します。コンテンツは社会人のニーズが高い「マネジメント」「コミュニケーション」「マーケティング」「ライフ」の4つの切り口で用意されています。
sopra

授業は1コマ5−25分でスキマ時間を利用して学習可能
sopra

sopra(ソプラ)では集中力が続くよう、授業1コマは5~20分と短めに設定されています。PCだけでなく、スマートフォン・タブレット端末にも対応しているため、インターネットにつながってさえいれば、家ではもちろん、通勤中や外出時のちょっとした空き時間を使って勉強することができます。時間のない社会人でも隙間時間を利用して学習することが可能です。

 

現役で活躍中のプロから学べる授業
sopra

sopraでは、現役で活躍中のプロを講師に迎え、最新のトレンド、具体的な事例を学ぶことができます。ただノウハウを知るのではなく体系的に学習出来るので、授業を受けた後には自分で応用して実践することが可能です。授業コンテンツは毎月5本程度(約450分に相当)を追加していく予定になっています。

<現在の講師と授業(一部)>

講師:津田 耕太郎 「元ファンドマネージャーが教える経済の流れと連想力」

講師:於保 真一朗 「データからアクションへつながるウェブ解析」

講師:石井 遼介  「提案のためのロジカルシンキング実践」

講師:秋山 友美  「【持ち味式】私にできるお金のため方、ふやし方」

 

個人的なおすすめは、「グローバルクラウドソーシング活用で高品質・低コスト化」の講座
sopra

どの授業も魅力的なものでしたが個人的なおすすめは、グローバルクラウドソーシングサービスoDeskを活用して実際に仕事を発注する講座です。世界で起きている現実と、語学の重要性を実感出来る非常に面白い内容になっています。

※以下授業内容(sopraより引用)

日本にいながら、必要なときに必要な人材を世界中から選んで採用するというビジネスの新しいモデルが今、非常に注目を集めています。

世界最大級のクラウドソーシングサイトoDeskでは既に290万人にも及ぶ世界中のオンラインワーカーが仕事をしていると言われ、いよいよ仕事の国境がなくなる時代が来ようとしています。

そのoDeskを実際に利用してテープ起こしや秘書業務などの単純作業からデザイン、ウェブ制作など一定のスキルが求められる作業を高品質かつ日本と比べるとはるかに安いコストで依頼し、ご自身はご自身にしかできない業務に集中するという超効率的な方法で仕事をされている大塚氏を講師に迎え、海外のリソースをどのような場面で活用するべきか、またoDeskを使って判明した海外の仕事事情などリアルな情報やノウハウを伝えていただきます。

 

月額380円の低額で利用可能

映像学習サービス「sopra(ソプラ)」は月額380 円で利用可能です。(※現在は正式オープンにあたり初月無料キャンペーンを実施中) 380 円で 1 ヶ月間、マネジメント・コミュニケーション・マーケティング・ライフの 4 ジャンルの全授業を受け続けることができます。料金体系は月額制となっており、単発的な学習ではなく継続して幅広く学べるようなシステムになっています。

利用しやすい料金体系で、上記でおすすめさせて頂いたような世界で起きているトレンドを反映した講座を受けることが出来るのは素晴らしい機会だと思います。これからも面白いコンテンツが上がってくることに期待です。

 

follow us in feedly


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。