英語学習のプラットフォーム「Voxy」、個人に最適化された学習プランで人気に!

Voxyは、自分自身の関心・テーマ・ペースに合わせた、パーソナライズされた学習プランを立てられることが人気の秘訣になっている英語学習のプラットフォームサービスです。PC/スマホ/タブレットなど、デバイスを問わず学習することが出来、アプリを通じてどこでも学習出来るようになっています。

VOXY

Voxyは2010年に設立された、ニューヨークが拠点のスタートアップが運営しており、当初はスペイン語/ポルトガル語ネイティブ向けにサービスを提供していました。現在は、サービスを拡大し世界中にユーザーがおり、250万人以上の利用者がいるとされています。アメリカのビジネス誌では、2012年の最もホットなスタートアップ10社に選ばれてもいます。

人気の秘訣は、個人に最適化される勉強の仕組み

Voxy

Voxyは、サービス利用開始時にユーザーに今の英語のレベル、英語を勉強する理由(試験・ビジネス・旅行など)、興味のあるトピックス(ビジネス、カルチャー、テクノロジーなど)を選択出来、提供されるコンテンツはそれに応じて個人に最適化されます。このような仕組みをとることで、レベルにあっていて関心の高いトピックスで英語が学習出来るようになり、ユーザーの継続的な利用を促しています。また、勉強のログやゴールに対する達成度も残しておくことが出来るので学習進捗が見える化されます。

Learn_English_-_Voxy

最初の7日間は利用無料、それ以降は3ヶ月で9.9ドルで利用可能

最初の7日間は無料で利用が可能で、それ以降は3ヶ月で9.9ドルの利用料がかかります。有料ユーザーは月額課金内で英語のネイティブスピーカーと5回迄、勉強のプランなどを相談することが出来ます。

日本でも同様の仕組みにチャンス有り!?

まだ日本語対応はしていません(日本でも利用は可能)が、日本でもVoxyがとった個人に最適化されたコンテンツ・プランを提供出来る英語学習サービスがあれば、人気の出る可能性は高いのではないでしょうか。レベル別でのサービスは比較的多くありますが、それに英語学習の目的、興味・関心を掛け合わせて、勉強内容・プランを個別に最適化出来るものは多くありません。統合して提供出来るサービスへのニーズはあるのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。