月額315円で絵本が読み放題!PIBO(ピーボ)とは

月額315円で絵本が読み放題!PIBO(ピーボ)とは

【PIBO_-_ピーボ】月額315円、絵本の読み放題サービス-4

PIBO(ピーボ)とは、株式会社エバーセンスが運営する、月315円定額制で電子絵本を読み放題で提供するサービスです。子供からも人気のプロ作家71名の絵本128作品が読み放題になっています。

絵本の読み聞かせは、子どもの言語の力を伸ばし、親とのコミュニケーションによる自己肯定感が高まる手段であると言われています。PIBOは、絵本の読み聞かせを促進し、親とのコミュニケーションがもっと豊かになることを目指しています。

 

読み聞かせを阻む、時間的・金銭的・空間的な障壁を取り除くことを目指す

絵本の読み聞かせが実際に十分に行えない理由は、「忙しくて図書館や本屋に行けない。」「金銭的にたくさんの本は買えない。」「たくさんは家におけない」などがあげられます。

PIBO(ピーボ)は読み聞かせを阻む、時間的・金銭的・空間的な障壁を取り除くことを目指して、プロ作家による良質な絵本をインターネット上に集め、読み放題で提供しています。

 

 

PIBO(ピーボ)の特徴(HPより引用)
1006336_200821596760095_189870717_a
  • 月額315円で、絵本が読み放題。PC/タブレット/スマートフォンなどマルチデバイス対応で、インターネットブラウザから接続可能です。

  • プロ作家によるオリジナル作品や日本・外国の昔話を中心に、128作品を掲載中。毎週新作を追加**し、2014年度内に400作品掲載を目指しています。

  • お気に入りの絵本を登録できる「本棚機能」、読んだ絵本の傾向からおすすめを表示する「おすすめ機能」、何を何回読んだかという履歴からお子さまの好みがわかる「閲覧履歴」、テーマなどから絵本を探せる「検索機能」など。

  • iOS/Androidアプリも開発中、年内リリースを予定しています。

  • 1週間無料でご利用いただけるお試し期間を設けています。

 

親子のコミュニケーションをITの力を活用して楽しいものにしようとする理念が素晴らしいですね。共働きの家庭や、子どもとのコミュニケーションが減ってしまっていると感じている方には非常にいいサービスです。

エバーセンス株式会社の求人・採用・転職情報はこちら

1006336_200821596760095_189870717_a

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。