みんなの得意をワンコインで売り買い出来るマーケットプレイス「coconala(ココナラ)」


 

みんなの得意を売り買い出来る、モノを売らないフリーマーケット「coconala(ココナラ)」

ココナラ_-_あなたの得意でハッピーが広がるワンコインマーケット

ココナラは、みんなができることを500円で出品して、「自分のスキルで誰かの役に立つ」「好きなことを仕事にする」といったことを可能にする、知識やスキルのマーケットプレイスです。

誰でも自分がオンライン上でできることを、1回500円のサービスとして出品することが可能で、サービスを受けてみたい人は誰でも購入することができます。

 

現在の出品数は約10,200件、ビジネスもプライベート用途も
ココナラ_-_あなたの得意でハッピーが広がるワンコインマーケット-2

ロゴの作成や集客のアドバイスといったビジネス用との出品や、占いや似顔絵の作成、恋愛の相談など様々なジャンルの出品が集まっており、現在約10,200件が出品されています。

 

 coconala(ココナラ)のデザインプロセス

SlideShareにcoconalaを作る際のデザインプロセスが公開されていました。
ココナラらしさとする、「人にフォーカス」「多様な価値観が表現されている場」を①新規性のあるビジュアル、②ECとして買える感、③コミュニティらしさ、を出すようにデザインされているそう。確かに、多様な人が集まっている感じと、人が介在している印象を強く受けます。
「一人ひとりが『自分のストーリー』を生きていく世の中をつくる」

ココナラのビジョンは、「一人ひとりが『自分のストーリー』を生きていく世の中をつくる」です。

皆が、自分の得意で誰かの役に立ち、自らも学び、いきいきと「自分のストーリー」を生きていく。そんな世の中の実現を目指しているとのこと。

貢献感を持って生きるには自分が誰かの役に立っているというのが直接伝わってくることが重要で、その役割としてcoconalaのようなCtoCのマーケットプレイスは大きな役割を果たすのではないでしょうか。

 

follow us in feedly


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。