誰もがプログラマーに!プログラミング学習サイト「treehouse」とは


プログラミング学習サイト「treehouse」とは

treehouse

treehouseは、ウェブサイトやiOS/アンドロイドなどのアプリケーションの作り方を学べるウェブサービスです。ビデオの教材と、小テスト、ゲーム化(バッジの獲得など)、そして具体的なものを作っていくプロジェクトでプログラミングを学習していきます。どんなにコンピュータが苦手な人でもプログラミングが出来るように育てることを目指しています。

treehouseは、アメリカオレゴン州ポートランドに本社があり、別にフロリダ州オーランドに専用のビデオスタジオを持ち、教材ビデオをそこで作っています。

 

30日間の無料お試しのあとは、25ドル/月or49ドル/月で利用可能
Plans___Sign_Up___Treehouse

30日の無料学習期間のあとは月25ドルor49ドルでの2つのコースが存在しています。日本円で2,000〜5,000円程度と考えると非常に良心的な価格といえます。

 

昨年時点で535万ドルを調達、300万ドル/年の売上ペース

2011年11月に創業されたtreehouseは、既に500万ドル以上の資金調達を行っており、社員数を増やして開発体制を強化しています。年商300万ドルの売上のペースで更に急速に成長しているとのこと。また、人数限定で大学生に無料でサービスを提供するといった活動もおこなっています。

※treehouseのイメージ動画

最も需給ギャップのある職業がエンジニアだと思いますので、こういったサービスの需要は今後も伸び続けるのではないでしょうか。日本でもドットインストールのようなサービスの知名度はこれからもっと高まっていくのではないかと思います。

 



1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。