東大、慶大ともに4学期制導入へ


 

東京大学、慶應義塾大学が4学期制導入へ

logo kr7a4300000005u0

東京大学と慶應義塾大学が、現在の前期・後期の2学期制から4学期制を導入することを発表しました。

東京大学では、2015年度までに全学部を対象に実施、慶応義塾大学では来年度は学部ごとに導入を判断する。

東大、慶大ともに、4学期制にすることで、海外へのサマーセッションへの参加や短期留学や国内外のインターンシップ、ボランティア活動などへ学生が参加する、あるいは海外の大学が夏休みの期間に、短期外国人留学生を受け入れる可能性など広げることが狙いのようです。

 

・東京大学のプレスリリース

http://www.u-tokyo.ac.jp/public/public01_250726_j.html

・慶応義塾大学のプレスリリース

http://www.keio.ac.jp/ja/press_release/2013/kr7a4300000cdcce-att/130726_1.pdf

 


プレゼンテーション1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。