数学嫌いを解消!?現実のトピックスに絡ませて数学を学べる「Mathalicious」が面白い


 

現実のトピックスに絡ませて数学を学べるサービス「Mathalicious」

スクリーンショット_13_06_22_22_39

 

数学が苦手な学生は多い。

その理由のひとつに、現実の問題とどう結びついているのか分からず、モチベーションが湧かないといったものがあると思います。

それを解決しようとするのが、紹介する「Mathalicious」です。

生徒が身近に感じるトピックスを用いて数学を教えることで、数学に対する苦手意識を解消し、学習する意欲を向上させるサービス。

そのための教材やマニュアルを提供しています。

例えば、ウサイン・ボルトの身長の高さは、金メダルの獲得にどれほど寄与しているのか?とかビックマックを食べたらどの程度ランニングをしないとそのカロリーを消費出来るのか?といった馴染みやすく関心も湧きやすいものをトピックにしています。

YouTubeで、2分程度の動画を公開しており、それが非常に面白いのでいくつか紹介。

 

ピザハットではどのサイズを頼むのが一番得か?

 

マックを食べたカロリーはどの程度走れば消費出来るか?

 

 NBAプレイヤーのスコアラーの優秀さを比較する方法

 

NikeのiDシリーズは何通りのデザインが可能か

いかがでしょうか?身近なトピックスを使うことでグッと頭に入ってきやすい気がします。

こういった教え方が出来ると、数学に対する意識が変わっていくかもしれません。生徒に数学を楽しんでもらおうという姿勢が伝わる非常にいいサービスだと思います。

日本でもこういったコンテンツがもっと増えていけば、意識が変わっていく可能性があるかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。