無料オンライン学習サイト ShareWis(シェアウィズ)リニューアル!インターフェイスの刷新と学習コンテンツ投稿システムをオープン化

無料オンライン学習サイト ShareWis(シェアウィズ)がリニューアル

スクリーンショット_13_06_16_14_36

無料オンライン学習サイトのShareWis (シェアウィズ)が、インタフェースを刷新するとともに、学習コンテンツ投稿システムをオープン化するサービスのリニューアルを行いました。

オンライン学習サイトShareWisは、全てのレクチャーを無料で学習することができる、社会人向けのオンライン学習サービス。ユーザーは、独特なインタフェースと、特徴的な理解度チェック機能により、達成感を味わいながら学習を進 めていくことが出来ます。

2012 年 5 月に公開され、2013年5月時点で、総閲覧者数約 100,000 人、登録ユーザー数約 20,000 人、登録レ クチャー数約 700 のサービスに成長しています。

 

変更点⑴インターフェイスの刷新
スクリーンショット_13_06_16_14_34

Sharewis(シェアウィズ)は、“学習を冒険に変える”というコンセプトで、「知識の地図」と呼ばれる独自インタフェースを提供していましたが、サービス開始から1年が経ち、レクチャー数の増加に伴いデザインが見づらくなるなどの課題が 出てきたことや、ユーザー の行動パターンが見えてきたことから、デザイン(インターフェイス)を刷新。「知識の地図」をさらに進化させ、知識と知識のつながりをより分かりやすく するために「 知識の宇宙 」 と呼ばれるインタフェースを実装しました。

※下記がイメージ動画です。

 

 

変更点⑵学習コンテンツ投稿システムのオープン化
スクリーンショット_13_06_16_14_44

2つ目の変更は、学習コンテンツを投稿するシステムを完全オープン化したこと。今回の完全オープン化により、士業やセミナー講師などの専門スキルをもった人や、一般のユーザーでも語学やスポーツなど自分の持っている得意な知識を「知識の地図」上にちりばめて公開することを可能にしました。オープン化によって学習コンテンツの拡充・サービスの活性化を目指している。

※下記はコンテンツ投稿のイメージ動画

ShareWisは、今回の投稿システムのオープン化をはじめ、学習コンテンツの拡充を積極的に推進すること で、2013 年内に 500 コース増加、100,000 ユーザーの獲得を目指している。

社会人が気軽に楽しく学習に取り組める環境・仕組みづくりに向けて、ビジネススキルから教養、趣味まで、ありとあらゆる「学びの入り口」として、ユーザーにとって「学ぶ希望が見つかる」場所を提供していく計画とのこと。

株式会社シェアウィズの求人・採用・転職情報はこちら

320_1618_5062bd15-d3f0-404d-ad35-6aea0a986796

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。