専門家に1対1のビデオチャットで教えてもらえる学びのマーケットプレイスPopexpertが200万ドルを調達


 

1対1のビデオチャットレッスンを提供するPopexpertが200万ドルを調達
スクリーンショット_13_05_25_15_56

 

何かを学びたい生徒と、その道の専門家をビデオチャットレッスンで結びつけるマーケットプレイスを提供する「Popexpert」が、ベンチャーキャピタルから200万ドルを調達した。

 

「Life(生活)」「Work(仕事)」「Play(遊び)」の3カテゴリで授業を提供
スクリーンショット_13_05_25_15_57

 

ユーザーは自分が受けたい授業をサイト内で検索し、瞑想、栄養、人間関係、生産性、キャリア、語学、音楽など様々なジャンルの授業を受けることが出来る。

現在は招待制のサービスで、登録されている専門家は1000名程度のようだ。専門家はPopexpertが自身が探しだしている。

 

日本でも学びのマーケットプレイスは増加傾向
スクリーンショット_13_04_29_13_56 スクリーンショット_13_04_29_14_00 スクリーンショット_13_04_29_14_00-2スクリーンショット_13_05_18_11_39

 

日本でも何かを学習したい人と、何かを教えてたいスキルを持ったサービスは増加傾向にある。プライベートコーチのCyta.jp、マニアックな生徒の欲しい講座を作るプロジェクトSUPERSTUDENT、ストリートアカデミー、teapotなど、複数のプレイヤーが存在している。

誰でも先生が出来るサービスか、講師に事前審査があるかなど、サービスポリシーに違いは見られるが、個人の学習ニーズに応えるサービスは今後、盛り上がっていきそう。

関連する過去記事はこちら

「学びたい」と「教えたい」をつなげるマーケットプレイス「teapot」

マニアックな生徒の欲しい講座を作るプロジェクト、SUPER STUDENTがリリース

ぴったりのプライベートコーチが見つかるサイトcyta.jp

誰もが先生になれるサービス!?「ストリートアカデミー」



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。