勉強が楽しく続くSNS「スタディプラス」を運営するクラウドスタディがmixiから7,200万円の資金調達

株式会社クラウドスタディ、株式会社ミクシィを割当先とする第三者割当増資を実施し、7200 万円を調達
スクリーンショット_13_05_23_1_16

クラウドスタディは今回調達した資金により、学習管理 SNS「Studyplus(スタディプラス)」の成長をさらに加速させるべく人材の採用を行なって行く予定とのこと。

 

現在のユーザー数は13万人、勉強記録は月間100万件

以前の記事でも掲載をしたが、スタディプラスは順調にユーザ数を伸ばしており、現在ユーザー数は13万人、1日当りのアクティブユーザー数が12,000人程度。今後は、他の学習系サービス/アプリにAPIを提供し、それらを使って勉強すると自動的にStudyplusにログを残すことや、外部と連携しながら学習コンテンツの提供も検討しているという。コンテンツを提供するサービスが数多く誕生するなかで、こういった勉強を管理するツールはニーズも高まり将来性が大きいのではないかと考える。スイッチングコストも発生するため、早くユーザ数を囲えたサービスが有利になるのではないだろうか。

 

スタディプラス株式会社の求人・採用・転職情報はこちら

 

スクリーンショット_13_05_23_1_28

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。