先生がデジタル教材を使うサポートツール「Edcanvas」

 

先生がデジタル教材のコンテンツをストック出来るツール「Edcanvas」
スクリーンショット_13_05_18_16_09-2

 

授業で教えるのにいい画像や動画、データを保存しておくのにいいツールがない。保存場所はあっても教える内容ごとに分けられない。そういった先生のデジタルコンテンツを管理して授業で使うためのサポートツールが「Edcanvas」だ。

教える内容や、テーマによって画像・動画などのデータをクリップしておける(キャンバスをつくっておける)サービスだ。クリップの中にクイズなども挿入することが出来、行いたい授業によってカスタマイズすることが出来る。

 

キャンバスは、シンプルで気軽に作成でき、先生に負荷のかからない仕立て
スクリーンショット_13_05_18_16_17

キャンバスはドラッグ&ドロップで簡単に作成でき、更新も簡単。先生に出来るだけ負荷のかからないようなツールにしている。

日本でもこういったツールがあれば便利ではあると思うが、学校の中に入っていくのは難しいかもしれない。そもそもデジタルコンテンツで勉強を教えようという先生の少なさと、先生のITスキルの壁があると思う。

学校(小中高)というよりは、個人でやっている塾やスクール、セミナーといった分野、もしくは大学での活用といったものであればニーズがあるのではないだろうか。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。