凸版印刷、佐賀県に提供したICT教育支援システムを全国に向け販売開始

凸版印刷、佐賀県に提供した教育支援システムを全国に向け販売開始へ

凸版印刷株式会社は、校務管理・学習者管理・教材管理が一体になったICT教育支援システムを国内で初めて構築し、佐賀県教育情報システム「SEI-Net(セイネット)」に提供。2013年4月1日より、校務管理システムの一部機能から運用を開始した。

凸版印刷は本システムの他自治体への提供を、2013年6月より本格的に開始する。

このシステムによって、下記のようなことが可能になる。

・学籍管理(成績処理、出欠管理、所見・指導要録案、通知表・調査表作成など)
・保健管理(来室記録、保健日誌など)
・行事・スケジュール管理(行事予定、施設・備品予約など)
・文書管理(週報、業務日誌など)
・授業管理(時間割管理、配布プリントPDF化など)
・学習習熟度管理
・教材管理

 

2015年に売上目標15億円を掲げる

凸版印刷は、2013年秋までに、佐賀県における校務管理システムのすべての機能と、学習管理・教材管理システムの稼動を目指す。また、現在の県立学校での利用に加え、順次、市町の公立学校の利用も拡大させていく予定だ。

さらに、本システムをベースとしたICT教育支援システムを他都道府県、市町村の教育委員会へも提供し、2015年に15億円の売上を目指す。

グループ会社の東京書籍とともに連動して、学校に入り込み次の事業として成長させにいく見通し。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。