コードの書き方を無料で楽しく学ぶ「Codeacademy(コードアカデミー)」

コードの書き方を無料で学べる「Codeacademy(コードアカデミー)」とは

スクリーンショット_13_05_12_18_18

 

Codeacademy(コードアカデミー)は、プログラミング言語の基本を学べる無料Webサービス。実際にコードを書いてみることで「Javascript/ジャバスクリプトって?」「サイトってどう作られている?」などといった疑問を解消しながらプログラミングの基礎を学習出来ます。ゲーミフィケーションの要素も取り入れられており、楽しく飽きずに学習出来る仕組みを提供しています。

 

 

関連サイトCodeYearを立ち上げ、NY市長もプログラミング学習を宣言

スクリーンショット_13_05_12_18_35

2012年1月には、「コード・イヤー(Code Year)」という「コードを学ぶことを宣言する」ウェブサイトを開設。40万人以上が「コーディングを学ぶ」を新年の目標に掲げたとか。その中にはニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグ氏も含まれており、大きな話題に。

 

Yコンビネータ卒業の共同創設者ザック・シムズ(Zach Sims)、ライアン・ブビンスキー(Ryan Bubinski)

スクリーンショット_13_05_12_18_55スクリーンショット_13_05_12_18_55-2

共同創設者の二人は、「Yコンビネーター」の卒業生。Yコンビネーターに関して書かれた「Yコンビネーター シリコンバレー最強のスタートアップ養成スクール」にも二人のエピソードが書かれており、コードアカデミーがどう生まれていったのかを垣間みることが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。