ゲームで遊ぶな!ゲームを作ろう!子どものためのプログラミング言語Scratchとは

こどものためのプログラミング言語「Scratch」

スクリーンショット_13_05_11_22_47

Scratch(スクラッチ)とは、MIT Media Lab(メディアラボ)のLifelong Kindergarten Groupが作った、プログラミング言語だ。もともと8歳から16歳の子供向けにデザインされているが、それより小さい子供や、その保護者など、全ての年齢の人が利用出来る。ユーザーはゲームや、アニメを世界中の人々と共有出来る。子供の創造性や、協働性、論理的思考力を向上させるためのツールだ。

 

IT教育を変える可能性のあるツール

Intro to Scratch 2.0 from ScratchEd on Vimeo.

このプログラム言語はあらゆる年齢層の子どもたちが学習可能だ。キーボードのタイピングが中心だった従来のコンピュータ教育を、創造性を鍛え、子供たちの関心を生むものに変える可能性がある。ゲームやコンテンツをただ消費するだけでなく、生み出す側の経験を早いうちからつめることは教育にとって大きな意味があるだろう。

 

ブラウザからの利用が可能になり、より取り組みやすくなった

ブラウザ上からの利用がよりスムーズになり、さらに子供にとっつきやすくなっている。自分のプログラムを自分のコンピュータに保存できるだけでなく、どこかにアップロードすることもできるようになった。

 

ゲームで遊ぶな!ゲームを作ろう!

上記のキャッチフレーズは、スクラッチ関連の書籍「スクラッチ+WeDoではじめる簡単ロボティクス―ゲームで遊ぶな、ゲームを作ろう!」を引用。スクラッチという言語の目的や意義を端的に著したいい言葉なので引用させて頂きました。

スクラッチを利用するための関連書籍も出ています。子供に早いうちからプログラミングを学ばせたい、自分自身もプログラミングを学んでみたいという方は利用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

スクラッチアイデアブック―ゼロから学ぶスクラッチプログラミング
石原 正雄
カットシステム
売り上げランキング: 43,242
スクラッチ+WeDoではじめる簡単ロボティクス―ゲームで遊ぶな、ゲームを作ろう!
石原 正雄
カットシステム
売り上げランキング: 328,567
スクリーンショット_13_05_11_23_03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。