佐賀県武雄市、全小中学生にタブレット端末を配布へ

佐賀県武雄市、全小中学生にタブレット端末を配布へ

佐賀県武雄市の樋渡啓祐市長は5月9日、市内の市立全16小中学校の全児童・生徒計約4200人に来年度、タブレット型情報端末を1台ずつ配備する考えを明らかにした。

武雄市は2011年から、小学校2校の4~6年生に1人1台ずつiPadを配備。児童が端末の画面に書き込んだ内容を、電子黒板に映し出すなどして活用をしていた。武雄市の教育委員会によると、導入したクラスの算数の正答率が上昇したという。

小学校は来年4月、中学校が同9月にそれぞれ導入する。今後機種の選定をしていき、無線LANの整備、機器購入費で3〜4億円の費用を見込んでいる。樋渡市長は「現場の要望を踏まえて決めた。予算はかかるが、国の補助金や交付金を活用したい」と語っている。

タブレット端末の活用については、佐賀県教委が来年度から全県立学校の1年生(約7000人)に配布予定のほか、東京都荒川区でも来年度中に区立小中学校の生徒・児童計約1万2000人に配布することを目指している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。