スペイン語オンライン会話サービス「スパニッシモ」

オンラインで語学を学習するサービスの提供が花盛りだ。特にオンライン英会話は、100以上のサービスがあると言われ、一時期の共同購入サイトのような展開になってきている。

今日紹介するのは、オンライン語学サービスは「スパニッシモ

提供する言語は英語ではなく、スペイン語だ。

スクリーンショット_13_04_09_8_29-2

基本的な仕組みはオンライン英会話サービスと同様で、Skypeを通じてスペイン語のネイティブと語学の勉強ができるサービスだ。

オンライン英会話の講師はフィリピン人の英語ネイティブの場合が多いが、スパニッシモの講師はグアテマラ人のスペイン語ネイティブを採用している。賃金の格差を利用して通常の語学サービスよりも安くサービスを提供するのが強みになっている。

1ヶ月で8,000円か15,000円のプランを選ぶことが出来る。

スクリーンショット_13_04_09_8_29

創業のきっかけは、創業者の有村拓郎氏が、旅行中にグアテマラで学んだスペイン語学習をもっと広めたいと思ったこと。

グアテマラでの不安定な雇用状況と観光業に依存したスペイン語業界を変えることを志し、2012年1月にサービスを開始した。

英語程スケールすることは出来ないかもしれないが、シェアを獲得出来れば一定規模までは成長余地があるだろう。

以下は、サービスの紹介動画。

スクリーンショット_13_04_09_8_53

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。