先生と生徒のためのSNS、Edmodoとは

2008年にサービスを開始した、Edmodoとは

スクリーンショット_13_04_07_11_04

無料で安全なネットワークで、先生と生徒がつながり、コラボレーションできる教育に特化したSNSだ。
具体的には、安全な環境の中で生徒に課題を与えられたり、ディスカッションをさせたり、資料や動画を共有することが出来る。

既にiPhoneやiPadアプリもリリースされており、場所にとらわれずに先生や生徒がつながる仕組みが存在する。

現在のユーザー数は、世界で1800万人以上と急速に拡大している。

 

教育のプラットフォームを志向するEdmodo

 スクリーンショット_13_04_07_11_02-2

Edmodoのネットワーク内で、TEDやKhanAcademyのようなオンラインに公開されている動画(コンテンツ)を教育者はシェアすることが出来る。

また、Edmodo上のアプリストアでサービス開発者はアプリを公開出来るようにしている。

Edmodoは教育業界のFacebookになろうとしていると言えば、理解がしやすいかもしれない。

1800万以上の圧倒的なユーザー数を抱えるEdmodoは開発者にとって優先順位の高い存在になり、今後もコンテンツが充実し優位性が磨かれる。

コンテンツを提供する会社は、Facebookに依存するZingaのようなプラットフォーマーに依存する関係になるかもしれない。

 

国内の覇権を握るのはどのサービスか

現在、Edmodoは日本国内では拡大する動きは見られない。日本語と日本独自の教育文化というのがある参入障壁として存在すると思われる。

※教育者がこのサービスを活用できないというリテラシーの問題もあるかもしれない

日本独自の教育プラットフォーマーが誕生するのか、はたまたEdmodoのようなサービスが日本に進出・拡大していくのが先か。

日本のスタートアップにとっても大きなチャンスのある領域なのではないだろうか。

 

スクリーンショット_13_04_07_11_02-2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。