先生を支え抜くことで教育を変える「SENSEI NOTE」

スクリーンショット 13 03 10 10 59

先生を支え抜くことで、教育を変える「SENSEI NOTE」

SENSEI NOTEは、先生が知恵を持ち寄るWebサービス。

先生が知恵を共有することで、互いの悩み・課題を解決できる社会を目指す。

・授業、資料、カリキュラムなどの共有

・いじめや保護者との関わりの悩み相談

・国内外の先端事例や論文の要約を閲覧可能

といったことが先生同士がつながることで可能になるという。

サービス概要は、Slideshareで公開されているのでこちらを見ていただきたい。

確かに教師という職業は、教育実習を終えればあとはいきなり教室に放り込まれ、実体験を通じて学んでいくしかない。筆者の友人で教員になったものが何人かいるが、やはりナレッジの共有や、生徒に向き合うこと以外で使う時間が多く悩んでいるようだった。こういったナレッジの共有が行われることは、教師にとってひいては生徒にとってもよい影響を及ぼすだろう。

この「SENSEI NOTE」、サービス自体はまだリリースしておらず、4月にサービス開始を予定している。

 

そして現在、クラウドファンディングサービス「READY FOR?」で運営資金を募っている。興味がある、応援したいという方は、支援をしてはどうだろうか。

スクリーンショット 13 03 10 11 09

※SENSEI NOTEの関連記事

世界中から注目を集めた、日本の話題のスタートアップ[SENSEI NOTE]

先生の「困った」を解決!〜ビジネスコンテストで好成績の新サービスが登場!〜

日本の教育を改善するプラットフォーム作りに是非支援を!子どもと真剣に向き合いたい先生を支えるWebサービス「SENSEI NOTE」が資金募集中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。