ネイティブと学ぶオンライン英会話「Skima Talk」

スクリーンショット 13 03 09 0 20 2

Edtech Mediaでは何度か、オンライン英会話サービスの記事を書いています。

※そしてこれからも続々と書いていく予定です。それくらい戦国時代の様相を呈しています。

今日、紹介するのはそのオンライン英会話の中でもちょっと変わった?サービス「スキマトーク

ほとんどのオンライン英会話が、フィリピンの先生とSkypeを結んでサービスを提供していますが、

スキマトークはそうではなく、アメリカのネイティブスピーカーに授業を行ってもらえるサービス。

しかも、講師の学歴を見ると著名な大学の講師も多く、先生の評価システムなども分かりやすく、質の高い授業への期待が非常に高まります。

 

スクリーンショット 13 03 09 0 22

しかし、フィリピン人の講師を用いることでコストを抑えることが、既存の英会話サービスと比較したオンライン英会話サービスの強みですが

その強みが生きないのではないかという疑問が当然わきます。

しかもネイティブの中でも高学歴で、なおさらコスト構造は不利なのではないでしょうか。

 

なぜ、「スキマトーク」はネイティブにこだわるのでしょうか?

 

それは、創業者の清水幸治氏が、フィリピン英語で鍛えた英語がネイティブ相手に全然通用しなかった経験があり、

ネイティブと話す経験がなければ、世界で通用しないと強く感じたことが創業のきっかけになっているからとのこと。

田村耕太郎さんのインタビュー記事でそのあたりの創業の背景と、不利なコスト構造の中でどう戦っていくのかを詳細に(赤裸々に)語ってくれています。

・参考記事 打倒フィリピン英会話!日本人はアメリカ人ネイティブから英語を学ぶべきだ。アジアの時代だからこそアメリカ英語を学ぶべし。

コスト構造の不利を講師の質(ネイティブ)でカバーし、継続可能なサービスに仕立てられるか。今後も注目していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。