誰もが先生になれるサービス!?「ストリートアカデミー」

スクリーンショット 13 03 08 23 50

自分の知識や経験、専門性を誰かにシェアしたい、役立たせたいという気持ちは誰にではあるのではないでしょうか。

本記事で紹介する「ストリートアカデミー」は、そんな人たちをつなぎ合わせるプラットフォームサービス。

誰もが先生になれて、教える側にもなれる、そのためのマーケットプレイスを提供しています。

スクリーンショット 13 03 08 23 59

授業は、カテゴリー、エリア、日付、タグから検索をしていくことが出来きる設計。

今、中心になっているのは、ウェブ関連の授業と語学関連の授業のようです。

教えやすく、かつ教わるニーズも高いものに集中しているような印象を受けます。

ウェブ・語学関連以外でも、習い事関連(料理、お花etc…)、スポーツ(ジョギング,ダンスetc…)の多様な授業があると面白いですね。

こういったマーケットプレイスは盛り上がる場をどう構築するかが、極めて重要なので、

いかにユーザーにとって魅力的な授業を集めるか?=いい先生をいかに集めるかが勝負なのではないかと思います。

こういったCtoCの教育系サービスが、目指す世界観は非常に共感できるので、引き続き注目していきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。