日本のオンライン英会話の代表的サービス「レアジョブ」

レアジョブトップ画面

 

[オンライン英会話の登場]

日本の経済的な競争力の低下や、人口減少による低い経済成長によって、

グローバルという言葉も当たり前に使われるようになった。

その時代背景の必然として、社内公用語を英語にしたり、昇進や採用にはTOEICの基準点を満たしていることを条件にする企業も増えてきた。

そういった日本の外的環境とSkypeなどの情報通信技術の発展によって、

一気に認知度を高めたサービスがオンライン英会話だ。

オンライン英会話は、Skypeを利用して、英語教育に優れたフィリピン人と日本の生徒をつなぎ、英語の授業を行う。

日本の高額なオフィス賃貸料、講師(主にネイティブ)への賃金を負担せずにすむサービス提供者は、

従来の英会話サービスより安価で授業を提供できる。

また、ユーザーは時間や場所の縛りを受けずに受講することが出来る。

その利便性が受けて、ここ数年で、一気に知名度があがり多くのプレーヤーが参入している。

 

[日本のオンライン英会話の代表格レアジョブ] 

その中でも、知名度が最も高いのがレアジョブだ。

2007年10月に設立されたレアジョブは、25分129円〜という分かりやすいキャッチフレーズ、積極的なプロモーションで会員を獲得していった。

スクリーンショット_13_03_05_22_06-3

サービス開始5年での登録会員数が15万人を超えたと発表していた。

オンライン英会話 レアジョブ、登録会員数15万人突破!

実際に利用している人も多く、毎日25分話して5,000円はかなり安価と言える。

有効活用出来れば、英会話の力はかなりついていくだろう。

[レアジョブの今後]

オンライン英会話は続々と参入するプレイヤーが増えており、今後も競争は激化していくと思われる。

かつてのNOVAがそうだったように、TVCMに代表されるマスメディアへの積極的なプロモーションで、会員数を一気に伸ばすのではないだろうか。

IPOを含めた大型の資金調達を行い、競合プレイヤーに一気に差をつけていくのではないだろうか。

オンライン英会話は、教育業界における分かりやすい破壊的イノベーションの事例で、今後も注目していきたい。

株式会社レアジョブの求人・採用・転職情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育業界に特化した求人サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。 EdTechのムーブメントを、情報と人材の面から支援している。